「初日の出コーヒー@かすみふとう」の進捗をつらつら書きます。

喫茶すみへい

どうも、すみへい(@sumihei)です。

今日は、2020年元旦に行う「初日の出コーヒー」について、現状を書きます。

霞埠頭にて。9月15日(日)5時40分頃 photo by しなやん

 

先日、Facebookページに載せたのがこちら⇒「リハを終えて」※全文転載↓↓↓

先週の日曜(15日)、初日の出コーヒーのリハのため、霞埠頭へ行ってきました。前日、喫茶すみへい(13杯目)をやったその足で。

何を準備すればいいのか、どんな風に提供するのか、誘導はどうするか等々、そんなことをイメージするためにリハを行なったのですが…

自分はここで一体何がしたいのか、ふわふわしてる状態で、決めるに決められずにリハを終えることになりました。

「初日の出を見にきた方に、コーヒーをふるまいたい」←これは変わっていません。
ただ、目的といいますか、ゴールといいますか、これが決まらないと、提供の仕方も喫茶屋台の形などの「手段」を決める指標がないわけで…

僕は物事を難しく考えてしまう癖があるので、素直に、当日ワクワクするようなゴールを見つけて、皆さんにお伝えしたいと思ってます。

当日まで刻々と迫ってきてて、悩んでる時間なんてないのかもしれないですが、もうしばらくお待ちください。

これで行く!と決めたら、当日まで全速力で走り抜けます。
その時、皆さんからの応援をいただけると幸いです。

photo by しなやん

今の心境を吐露

2019年1月1日に「初日の出を見に来た人に、珈琲ふるまったらおもしろいやん」って思いついて、それを形にしようと動き始めましたって話は何度かブログにも書いたかと思いますが、あれからあっという間に9ヶ月経っちゃいました(汗

当日まで残すところ、3ヶ月ほど。ぼんやりと浮かんでいる、「あれやりたい」「これやりたい」をざっと見積もっても、こりゃやばいぞって感じになってるわけです。

が、中身のないままここまで進んでしまったが故のつまずきが先日のリハで気づきました。というより、気づいてたけど、見ないようにしてたって言った方が正解かな。

僕があそこで何をしたいのか

当日はめっちゃ人来ます。もともとあそこは、初日の出スポットだから、僕がやる・やらない関係なく、人は来ます。

そこに、出張喫茶すみへいが場所を借りて珈琲をふるまう。おそらく、めっちゃ人がくれる、きっと。だって、寒いし、珈琲飲みたくなる条件はバッチリそろってる。

ここにたくさんの人が集まるんだろうな。

そして、きっと、今のやり方だと、提供が間に合わない。めちゃくちゃ待たせる。人が並ぶ。焦る。淹れることが作業になって、何やってんだ・・・ってなる。いつの間にか日が昇ってる。きっとそうだ。

「そもそも僕、何がやりたかったんだっけ?」ってその時気づくし、終わった後、きっと、“めっちゃ珈琲淹れたぞーー”だけが残って、あとは何も残らない。

 

ここを決めることなく、ぼんやりとしたまま、当日を迎えたとしても、おそらく何とかなる。何とかなるようにすると思う。

ただ、ここまで意気込んでおいて、それはないなって思う(友達も巻き込んでるし、募金募ってるしとか周りの方がどうかというのは、ここは一旦置いておかせてください)。

このままずるずると当日を迎えるのは嫌なので、そこんとこ、はっきりさせる。

駐車場に停まってるのは、朝釣りの方々。初日の出の時は、寒いから釣り客はいないはず。

「喫茶屋台のデザインどうしよう」「カブの調達は?」「ステッカーつくりたい」「看板つくりたい」「お金どうしよう」「お手伝い募集しようか」「当日何が必要?」「喫茶すみへい(14杯目)も考えないとな」・・・って、考えたいこと、練りたいことはたくさんあるんだけど、決めてから進めないといけない気がする。

時間はないだけど(「ものは考えようだ」っていうご指摘はあれども・・・)、きっちりやりたいし、次につなげたい。

2020年の活動はたぶん、積み重ねてきたことや悶々と溜め込んできたものがある種、形になって動き出すなとなんとなく感じてる。仕事もプライベートも色々と動き出す気がするし、そうしていきたいとも今思ってる。

それと同時に、今の安定した生活が変わる恐怖や不安がおそってきて、決められないだろうなと思う。心配性にも程があるが、そんな妄想とも、なりうる未来とも、捉えられる微妙な心境を今まさに感じていて、思考停止してるなう・・・といったところだ。

 

今まさにこのブログを書きながら、頭の中を整理している。最初と言ってる事変わってないか?って思われるかもなぁ・・・

決めないと何も始まらないし、決めることが大事なんじゃなくて、行動に移すことが大事だし、やりながら変えてもいいし、やめてもいいし、もっと行動を身軽にやろう。

とりあえずやってみよう!

なんかおもしろそう!

試しにやってみよう!

が喫茶すみへいを始めた時の僕の心境だったはず。

 

初日の出コーヒーを通過点として捉える

この日(初日の出コーヒー)とその後は繋がっている。

だって、喫茶すみへいをやってたから、あの場所で珈琲をふるまいたいなんてことを思いついたわけだし、このブログのタイトルの通り、全ては僕が主役のノンフィクション物語(すみへい物語)なわけで、なんかクサいこと言ってるけど、そうでしょ??

この日は僕の中で一つのGOALで、「やる」と宣言してから、形にするまでの一連の流れが終わる時。区切りでもある。おそらく1月2日は、燃え尽き症候群で何も手がつかないようなことになっているだろう。せっかく、いいスタートをみんなと切ったはずなのに、年始から無気力になりかねない。そうなることはわかっているし、そうはなりたくないと、冷静な僕は思ってる。

だから、この日を『通過点』として捉えて、止まらずに進んでいくためのことを考える(止まる事が悪いこととは言ってないですよ)。

朝日をバックに映え写真を撮影中…

これは、しなやんやナスケンと初日の出コーヒーや喫茶すみへいについて、議論するときに、アドバイスされたことだ。言葉にはしてなかったけど、僕もうすうす感じていたこと。だけど、受け入れられずにいたわけです。それは、先ほど書いた2020年の大きな変化への恐れです。勝手に自分でおおごとにしちゃってる節はあるけどね。

 

結局のところ…

結局のところ、何がしたいのかわからない。というか、決めることがホントこわい。以前、何話目かのポッドキャストで言ったような気がするけど、「勝手に想像してもらう」ことを期待しすぎてる節がある。

「そうともとれるよね」っていう、捉え方の幅を持たせてる。何となく、良い風に書いてるけど、結局は自分にこれっていうものがないから、あとはみなさん感じたままでという人任せ野郎になってる。含みを持たせれば、大きく見えたり、こいつわかってるな風を装えるからだ。くそ野郎だな、、、書きながら自分卑下タイムに入ってしまったよ。なんだ、このブログ。初日の出コーヒーのこと書いてたつもりが、自分ダメですってブログになってるよ(笑

決断して行動だよ!わかってるよ、わかってるさ。

朝日のグラデーションがいいよね。

 

何とか次につなげねば…

このブログの締めが思いつかないな(汗 結局これだけ書いて、実がない。進捗をつらつら書くブログになってしまったな。自分のことだから、自分のペースでとは思うけど、早く決めねば。。。決めてモヤモヤとりたい。

これはシェアするには、気持ちの垂れ流しすぎてはずいな。

コメント