コーヒーセミナーに行ってきた/自分のやり方で好きなことに向き合う/ラジオ始めた

すみへいの思考

日記的なことを書いてみようと思う。

最近、ブログがご無沙汰だったので。最近、コーヒーセミナーに参加しました。三重県の津市にある「カルネロ」というカステラ専門店にて。講師は、徳島県にある「aalto coffee」というコーヒーロースター(焙煎士)の庄野さん。僕は庄野さんの本を以前読んでいました。昔は会社勤めだったけど、一念発起で焙煎士として起業。本の内容はあまり覚えていないのだけど、読み終わった後、この方にお会いしたいと思ったのを覚えている。

たまたま、SNSを見てて、庄野さんがシェアしていた投稿に「コーヒーセミナー」「三重県津市」という文字があって、目に留まった。少し悩んで、行くことに。見た瞬間に行くことを決めていたのだけど、あれこれと行く理由を考えていた分、「少し悩んだ」。

参加してみて感じたのは、庄野さんの生き方っていいなってことだ。僕の心の中には、脱サラして自分の好きな珈琲で起業。珈琲関連の仕事をしたいとぼんやりとあるのだけど、踏ん切りがつかず、ずるずるとすごしている毎日だ。だから、庄野さんとお会いして、少しお話をさせてもらい、家に帰って改めて、著書を読むと、より珈琲への思いが高まった。

同じようにする必要はない。だから、僕は働きながら、珈琲のことで身近な人に楽しんでもらうことができないかと考えている。ずるずる起業する、起業しないと考えていてもしかたがない。「ずるずる」という言葉がもはや、マイナスな言葉で、精神衛生上よろしくない。だから、切り替える。

平日働き、土日で好きなことをやる。好きなことで、身近な人に楽しんでもらう。そして、好きなことでお金を生む。そういうことをセミナーを受けてからずっと考えている。

珈琲豆を売るのはどうか

コーヒーセミナーはどうか

時間は止まってはくれないし、時系列でやりたいことは迫っている。ただ、全てはつながっていて、全てを同時進行で考える必要がある。嫌になることもあるし、違うことに興味がわいて、考えることから目を背けることもあるけど、ゼロになることはないので、安心してください。

 

とりとめも話を書いてしまったけど、こういう日記もいいでしょ。

そういえば、Radiotalkというアプリを使って、「すみへいのひとり語り」というラジオを始めた。簡単に自分の思いを届けられる時代になったもんだ。とてもありがたい。もしよかったらお耳のお供に。

すみへいのひとり語り - Radiotalk
三重県四日市市で会社勤めをしてます。 最近は、ランニングを始めて1/12に開催のマラソン大会(10km)で完走するべく、マイペースに練習をしております。 興味のあることについて、淡々とお話ししていきます。 twitter▶︎

コメント