悶々とした日々を送るあなたへ|もんぺい

すみへいの思考

三重県四日市市在住会社員のすみへいです!!

twitterやってます⇒@sumihei フォローよろしくっす!!

ブログにはまだ書いてはいなかったが、最近、「あいみょん」にお熱だ。人生初のファンクラブに入会する入れ込みようだ。一過性のものかと思いきや、なかなか続いているから、これは本物だろう。

あいみょんのメジャー2ndフルアルバム「瞬間的シックスセンス」(2019年2月13日発売)

簡単に、あいみょんの紹介をしておこう。

昨年8月にリリースされた「マリーゴールド」いう、麦わら帽子かぶった女の子とその子に恋をする男の子の恋愛模様を描いた歌や、昨年秋、水曜10時に放送された「獣になれない私たち」の主題歌「今夜このまま」などを作詞作曲しているシンガーソングライター。もっと名曲はあるし、表現に御幣満点だが、その辺はご愛嬌でお願いしたい。昨年の紅白歌合戦にも初出場するなど、今猛烈に勢いのあるアーティストさんだ。

あいみょんもtwitterやってます⇒@aimyonGtter

どうしても、ライブであいみょんの音楽を聴きたくて、2019年内のライブに申し込んでいるがなかなか当選しない…

ちなみに、6月1日(土)の「AIMYON vs TOUR 2019 “ラブ・コール”」のチケットはゲットしたので行ってくる!!よっしゃ!!

今、狙ってるのは10月26,27日の名古屋「AIMYON TOUR 2019 -SIXTH SENSE STORY-

先行予約で今のところ2回ほど落選している。あとは、8月の一般販売にかけるしかないなと思っててたところ、ローソンに貼ってあったポスターを見かけた。今回も先行を申し込んだのであります。いったい何回、先行予約があるんだよ・・・

ローチケで先行予約ができるらしいぞ!

・・・と、ここまで書いて、僕は何を書いてんだと自分に突っ込みを入れたけど、消さない。このまま残しておく。今日はそんな日なんだ。いや、”そんな日”ってどんな日だよ。

好きなことを仕事にする

話は変わるが、「好きなことを仕事にする」なんて言葉を最近よく耳にする。

この言葉が先行して、「好きじゃないから仕事やめようかな」と、仕事をやめている若者(若者に限らず、その言葉に影響された方はみんなかな)が増えているように思う。

睡眠時間を除く、一日のほとんどを”仕事”に使っているから、その時間は、なるべく楽しく、夢中になれて、できればやりたくないことをせずに過ごしたい

でも、そんなことできないのが現実。仕事が自分に合わせてくれるなんてことは一生ないし、むしろ、それは逆だ。自分が仕事に合わせる。今の仕事がブラックで、もうやっていけない、死にそうだ、上司が嫌だ、ストレスで耐え切れない・・・そんな状態の方はすぐに辞めた方がいいかもしれない。もっといい場所がきっとあすはずだ。だけど、辞めたところで僕はあなたに仕事を紹介することもできないので、その辺は自己責任でお願いしたい。

今話題の本に影響を受けすぎて、自分にとって都合の良い部分だけを切り取り、この仕事は僕には向いてない、楽しくない、やめる!起業だーーーー!!みたいに思ってる人が多すぎやしないか???

いや、多くない。ごめん、言い過ぎた。多くない。僕の周り(主にSNS)でそういう発信がよく目に付くからそう感じてるだけかもしれない。ごめん。

 

好きなことだけして生きてくんだ!!って声高に言ってみたいよな。

 

 

悶々とした日々を送るあなた(自分)へ

いや、むしろ僕はそういうタイプのやつだ。

冒頭、誰かに向けて書いているように見せて、実は自分に向かって書いた。散々ご立派なことを書いたが、ほぼほぼ自分に向けて書いた。辞めたいと思うことはあるし、独立したいとも思う。会社員じゃなくフリーランスにも憧れるさ。もっと自分に向いてる仕事がきっとあるはずだ!って思うこともある。(←そんな仕事はないぞ、俺!)

 

僕は揺れ動いているし、常に悶々野郎だ。『悶々』と言う言葉は、僕の為に作られたんじゃないかってくらいに、悶々している。「社会人になり、約6年は悶々としていて、とあるきゅうり農家と出会って、それは変わった」とどこかで言ったことがあるが、それは嘘だ。

何かにつけて、悶々としている。これは、もう受け入れるしかない。悶々としている状態の中で、何か一歩を踏み出し、踏み出した先でまた悶々とする。それの繰り返しでしかない。

みんなもそうでしょう??悶々としない人なんているのか??

 

 

いや、、、、いる。頭に思い浮かぶだけでも少なくとも、5人はいた。「悶々としない側の人間」が。ごめん、偏見だった。謝る。

巷では僕のことを『もんぺい』と愛着もって言ってくれる人もいるくらいに、僕の悶々さは定着しつつある。←悶々使いすぎだ!!

 

さて、僕がもんぺいであることを書いた上で、そろそろ結論を書こうと思うが、このブログにはそもそも結論なんてない。そうだ、ただ単に頭に浮かんでいる、絶賛悶々としていることを書き綴っただけだ。

 

最後に

そんな僕は、4月13日(土)に高知県にある「ふれあいの里 尾川」という風光明媚なところで開催される『しなやかフェス2019春in高知』に参戦してくる!!

唐突すぎて、ごめん。先ほど書いた「とあるきゅうり農家」というのは、写真の一番左にいるしなやんというきゅうり農家だ。その彼が主催する収穫祭がこのフェス。

毎年、春と秋に三重県四日市市で開催しているのだけど、農業フェスとして、唯一無二の存在、しなやんや農家、生産者の方の想いをより広く強く届ける為に、「春は三重県四日市以外でやる!」と決めて、今回初めての開催。で、高知になったわけだ。高知には僕もつながりのある織田茜さんというトマト農家さんがいる。今回の主役は、茜さん。

この収穫祭は、主役の農家さんの作物、今回は茜さんが丹精こめて作ったトマトを参加者全員で味わって、「おいしいーーー」って言うのだ!!その後は、もはや打ち上げ。参加者みんなで食べて踊って騒ぎ倒す。いくら僕は説明したところで、おそらくこのフェスの良さは伝われないだろうけど、きっと、悶々としている人にはおすすめだ!!これは断言できる。

 

なぜなら・・・もうわかるよな。

 

そうだ、俺がもんぺいだからだ。

悶々としている人は、この日、高知県に集まろう!!きっと良いきっかけになる。何かを感じて、おそらくまた悶々とするだろう。それでも、一人で何か考え込んでた今までよりはきっと、良い感じの悶々になってるはずだ。もう何言ってるかわからなくなったよ(笑

 

このフェスは生産者と消費者の間にある壁を壊すため、これから一層リーチしていくフェスになることは間違いない。全国をつないでいくフェスになるからね。

今回で第4回。まだ始まったばかり。でっかくなる前に今のうちから、関わっておくと何かといいぞ。あの100人くらいの時から応援してたんだぜ!って肩で風を切って歩けるかもよ。

しなやかフェス2019春in高知 4月13日開催

 

しなやんのtwitter⇒@shinayan_way
茜さんのtwitter⇒@AngelAKANE1010

コメント